口座開設キャンペーン » SBI証券のスタンダードプラン

SBI証券のスタンダードプランとは一体どんなもの

SBI証券のスタンダードプランとは?

取引手数料が2つに分かれているSBI 証券のスタンダードプランは、
一つの約定代金に対しての手数料が掛かって来るのですが、
ここで必要になる手数料が非常にリーズナブルなので、
利用していく上で手数料に関する負担が少ないと言われています。


スタンダードプランは一つは一つの約定代金に対し、最もリーズナブルなのが145円となっているのですが、
これは約定金額が10万円までとなり、20万円までになると194円、50万円までで185円、
100万円までの場合には511円、150万円までであれば同じく511円、 3000万円までが567円、
3000万円を超えた場合には1021円となっています。
また信用取引に関しても同じ手数料が必要となるのですが、
信用取引の場合には約定金額が5000万を超えた場合には手数料が無料になり必要無いと言う事です。

このように手数料リーズナブルだと言う事で利用をする人も多いのですが、
万が一手数料を支払う分の残高が足りないと言った場合には他の銀行から
24時間365日いつでもリアルタイム入金を行う事が可能なので、
手数料が不足してしまいそうな時には前もって入金しておくと良いでしょう。


どうしても急に足りなくなってしまった場合にもリアルタイムで
反映してくれますから助かる事が多いと言われています。

SBI 証券のスタンダードプランら利用している人が非常に多いと言われていて、
入金する事が可能な銀行については、住信SBIネット銀行と、
楽天銀行と、ジャパンネット銀行と、スルガ銀行と、みずほ銀行と、
東京三菱UFJ 銀行と三井住友銀行とゆうちょ銀行とセブン銀行になります。